風俗が高すぎて脳内会議開催

欠かせない存在になってきた気がする

娯楽とか性的サービスという枠を超えて、自分にとって風俗は欠かせない存在になってきたんじゃないかなって思いますね。自分もそこまで頻繁って訳じゃなく、月に一度か二度くらい利用するだけでしかないんですけど、それでもリフレッシュ出来るし男として満たされるし、風俗だからこそ得られるものはとっても大きいんですよね。むしろこの気持ちを他で満たそうって思っても難しいんじゃないですかね。それくらい、自分にとって風俗の存在がとても大きなものになっているというか、自分の日常生活の中にしっかりと溶け込んでいると言っても良いでしょう。仮にですけど、風俗に行くなって言われたら毎日溜まるストレスや、時には発散したいなと思う男としての自尊心。これらをどこで満たせばよいのかなって思ってしまいますので、風俗はもはや単純な性的サービスを受けられるってだけの場所ではなくなりつつあるなって自分でも思っているくらい、本当に貴重なものなんですよね。

お気に入りは意識していないんです

お気に入りの風俗嬢がいた方が感情移入出来るであろうことは分かりますし、自分もいた時期もありますけど、ただ無理にお気に入りを作ろうって気持ちは持たないようにしているんです。こればかりは自然な出会いというか、無理にお気に入りを作ろうって思っても、タイミングの問題もありますからね。だから自分が遊びたいって思うタイプの相手と楽しめればそれだけで十分なんじゃないのかなと思うですよね。その中でお気に入りの風俗嬢を見つけられたら、それはそれで悪くないと思いますけど、お気に入りを見つけようと力むってことはないですよね(笑)恋愛と同じですよ。恋人が欲しいと思っている時に限ってあまり良い出会いがなかったりしますけど、今はいいかなって思っている時には案外良い出会いが待っていたりするじゃないですか。それと同じことが言えるんじゃないのかなって思いますので、風俗でもお気に入りに対してはあまり力まないようにと心掛けています。